ゼロから始める株式投資
本業を持ちながら本当の豊かな生活にあこがれるサラリーマンのブログ。ゼロから始めてどこまでいけるだろうか、お楽しみに。株はあくまで自己責任で行ってください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
行進・更新
 最近ネットすら見ず更新できていない。涙。

 住所変更のため一時ネット証券が使えずブルーとなる。
 早く利確定したいのに。
スポンサーサイト
夢真の悲劇
 夢真ホールディングの日本技開に対する敵対的TOBが失敗に終わった。最終的にはなんと発行済み株式数に対して4%にも満たない惨敗。ライブドアの時ほどもてはやされはしなかったが、ホワイトナイトも現れての大失敗。
 社長も辞任。
 
 今週は夏休み。ネットとも離れゆっくりとしていた。新聞は今日久しぶりに読む。マクドナルドに入り日経新聞を読むのが結構楽しかったりする。新聞代はマクドに織り込み済。

 株とは関係ないが興味を引かれたのがインドネシアルピア急落のお話。石油高騰が原因のようだ、、、でもおかしいぞ。インドネシアは石油産出国じゃないか?しかも国から石油補助金がかなり出ており財政赤字にもなっているという(それがルピア安の大きな原因)。少し読んでいくとその理由がわかった。

 インドネシアは石油産出国であって精製に関しては三流なのだ。

 石油が高くなる、補助金が高くなる(石油価格は米の二分の一に抑えている)、中央銀行の利上げ・買い介入も焼け石に水。国民は値上げを許さない。ますます悪循環。


 石油が出ても精製できなければ輸入しなければならない。なぜこんなことになっているのかちょっと調べてみた。

 一般的に石油と呼ばれているものも灯油・ガソリン・重油と様々なものがあり、それぞれに使用用途が異なる。インドネシアで産出される原油は低硫黄重油だそうだ。インドネシアの産業は未だ二次産業が中心でそれらの工業施設のエネルギーとしては石炭・天然ガスと競合していることから内需拡大率は思ったより低い。つまり精製する内需的要因が存在しにくい。それに加えて1998年以降のアジア通貨危機によるルピア減価も相乗し、構造的に精製企業の育成が難しかった、というようなことだった。

 何でもそうだが、ひとつのことを調べるとどうも物事は深く広くていけない。ちゃんと理解するには1)原油とは何か2)どう精製されるのか3)どのような分野に使用されるのか など理解しておかなければいけない。一度まとめてみるか。

トレイダーズ証券





有用サイト紹介
 EDINETの紹介です。


 日本で発行される有価証券報告書のほとんどを閲覧することができます。株式取引を行ううえで強力な武器になることは間違いありません。かくゆう私もまだ活用はしてませんが。
 考える株式投資に有用な使用例が紹介されています。

EDINETコード検索 > 個人・法人(有報提出義務者以外)で
大量保有報告書(5%ルール)を一部読む、という技です。

5%ルールとは「上場又は店頭登録している会社の株券等を保有する者については、株券等保有割合が5%を超える場合に、大量保有報告書の提出が必要となる」というもので、主には証券取引法を根拠法とした、一般個人投資家(情報力で不利)に対する株式取引の透明性を向上させるために平成2年度より施行されたルールです。


 ここで私たち個人投資家が得られる有利な情報とは
1)誰が大量株を保有しようとしているか
 を知ることに尽きます。
 以前に紹介した「竹田和平」氏しかり、市場では「だれがどの銘柄に注目しているか」だけで株価が上昇することがあります。例を挙げれば、近年注目されている村上ファンドや、タワー投資顧問などではないでしょうか。それらのファンド・機関投資が5%を超える株保有を画策している。その情報は早ければ早いほど有用でしょう。

 これはどちらかというと、the earlier, the betterの世界で、中長期投資家にはあまり有用でないかと考える人もいるかもしれません。それはそれぞれの投資家が判断することでしょう。

 私としては、早期に情報を得られかつ割安・優良成長株を見つける手段としてEDINETは大切な情報源と考えていますが、みなさんはいかが?


四季報 夏
 四季報夏季号が日本中で読まれているようです(もうネット世代は買わないのだろうか)。青色でなかなか涼しげ。
 来期からは年間購読しようかしら。郵送してくれるし。
 
 気になる会社を見ています。株は勉強すればするほど、専門職は全てそうだけど、ある一定までは「わかった」気になるのが早く、それから先はまた大きな壁がある。
 粉飾決算をされたら個人投資家は判断材料に不振を持たざるを得ない。ただ、どの会社も多かれ少なかれ、粉飾をしている。
「この機械買っちゃったけど、今期で計上するともったいないから、来期は収入上昇期待できるから、来期に入れるか」なんてのも、ある意味粉飾。どこでもされていることだろうけれど。
 本当の利益がどうなのか見定めるのは容易ではないなぁと思うこの頃。retrospectiveには何とでもいえる。人が気づかないうちに自分だけ気づく。あるいは人と違う場所をじっと見つめておく。
 つくづく奥が深い。


連休
 明日から大型連休ですね。僕も休みがもらえたのでしばし休養することにします。
 最近キャッシュフローの大切さを痛感しています。買いたい時、割安なときに小回りが効くようにしておくのも大切なことなのですね。
 今度キャッシュフローについてもまとめてみようと思います。「勘定合って銭足らず」この一言につきるのですが。
このブログを始めるにあたって
色々な生き方がある。僕は今かろうじて専門職に就き、失業の心配はない。一生やっていける仕事である。だが、「一生やっていかないといけない」仕事ではない。人生においてそのような強制力のある仕事はこちらからごめんだ。
 本業を「娯楽」と化すにはどうしたらよいのだろう。本業で「めし」を食わなくていいためにはどうすればいいのだろう。
 本業を真に打ち込むためには、そこに僕は見返りを求めないことにした。本業の収入はあくまで付加価値。僕が得た現時点でのtemporaryな結論として、資金投資を行うこと、それが経済的自由を得る道であることに気づいた。遅い、もうすぐ30代。気づくのが遅い。だが遅すぎることはない。今から始めよう。初めは駄目でもともとだ。少しずつ勉強していこう。そしてもし、このサイトでともに学べる人が一人でも増えれば、うれしいですね。
>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。