ゼロから始める株式投資
本業を持ちながら本当の豊かな生活にあこがれるサラリーマンのブログ。ゼロから始めてどこまでいけるだろうか、お楽しみに。株はあくまで自己責任で行ってください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
社長の気分で
 公僕である私は会社経営をしていない。であるから決算やら課税やら減価償却やらを実感したことはほとんどない。あるとしても源泉徴収の所得税と厚生年金・健康保険の馬鹿高さぐらい(本当に高い。病院にもいってないのに)。
 
 社長向けの簡単な本が売っていたので購入してみた。内容は
1)「勘定合って銭足らず」の本質について
2)儲かっているということ、キャッシュフローについて
3)棚卸資産・流動負債・固定資産と減価償却

 等々です。定額法・定率法。棚卸資産、PCFRなどのkey wordを聞いたことはあるがちゃんと説明できない人向けではないでしょうか(つまり私・・・)。



↑今読んでいる本です。まずは財務諸表を標準的に読めるようにするのがこの数ヶ月の目標です。


スポンサーサイト
おすすめCD
おすすめCD

 ある日のこと。MTVを見ていると突然心地よい、それでいて哀愁のある音楽が聞こえてきた。僕は急いでその曲をメモすると翌日にはCDストアに走った。
 聴こえてきた曲は「Fast Car」というものだった。一人の少女が現実に押しつぶされそうになりながら、それでもなお自分のfast carを見つけようとしている。車の窓の外を一瞬で過ぎ去っていく過去と現実の風景。どうなってしまってもいい、投げやりで、ささやかな未来への希望。どうしようもない現実。そんな風景がrhythmicに歌い上げられている。1987年の作品。Tracy Chapman。ぜひ聞いてみてほしい。

TRACY CHAPMAN
B00005HJNH.09.MZZZZZZZ.jpg

>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。